カテゴリ:映画・テレビ( 2 )

沈まぬ太陽

お正月休みには、何本か映画(DVD)を見ました。
本日は、「沈まぬ太陽」の話。
この映画については、WANでも映画評が出ています。

いやー、ものすごく明らかな不当労働行為の数々でしたよねー。
組合活動に対しての報復人事なんて、あまりにあからさまな不当労働行為じゃん。
やっている方がはっきりと言語化しているのに、それに対して、労働組合委員長が従っちゃうんだ…とむしろびっくり。

でも考えれば、80年代前半にスチュワーデス(と当時は言っていた)として入社試験を受けた友達が、「組合については第二組合に入るって言わないと、合格できないからここは気をつけないといけないのよ」と、面接の準備をしながら語ってくれたことがあったんですよね・・・
これまた明らかな不当労働行為ですが、それを「就活の知恵」として納得しちゃって、その場にいた誰も指摘できなかったのでした。
「まあ、怖い組合があるのね―」的な納得だけがあって。
労働組合運動に対する無理解ってのは、すごいものがありました。

そういう経験を持つ者としては、その背景に何があったのかを知ったりすることができて、おもしろかったです。

ところで、私と家人Aは、実は、恩地さんの人生、「いーなー」と思うところがあったのです・・・
だって、あの人、仕事がない場所に隔離はされているけれど、結構なお給料もらっているはずだよ。
日本にいる家族が暮らせる分と、ケニアで生活する分と。
ケニアでだってサファリ三昧でしょ?
確かにひとりで単身赴任はちょっとイヤなんだけど、二人一緒なら、それまた楽し。
なのではないんだろうか?
そういうノーテンキな私たちにとって一番の謎は
なんで、80年代終わりからの二度目のナイロビ行に鈴木京香さんは一緒に行かなかったのかなあ?
ということ。
子どもたちも大きくなって手もかからないのに。
お仕事を持っているわけでもなさそうだったのに。
一緒に行かなかったのはなぜ???

1980年代後半にアフリカへ赴任した友達家族がおり、あるいはアフリカ研究者を友達に持つ私たちとしては、むしろ鈴木京香さんがナイロビに行かなかったことの方が不思議だったのでした。
長年暮らして生活習慣とか知っているダンナが一緒なんだから、ずいぶん暮らしやすいと思うのになあ…
本筋とは全く違うところで考え込んでしまいました。

ホットココア
[PR]
by wanurakata | 2011-01-10 12:04 | 映画・テレビ

思わず最後まで見てしまいました。

 このところずっとテレビのスイッチが不調で、機嫌悪いとスイッチが入りにくい状態が続いていたのですが、ついに、優しく押しても、何度も押しても、長〜く押してもつかなくなってしまい、電気屋さんに修理に来てもらいました。このごろの修理ってすごいのね。スイッチあたりのパネルを取り替えるというシンプルな方法です。「で、どこがおかしくなっていたんでしょうか?やっぱり掃除しないからほこりが溜っていたのが悪かったんでしょうか?」とたずねても、「さあー、どうなんでしょう?まあ取り替えれば直りますから。」とかおっしゃって、つくづく技術というものの変化を思い知りました。年配の電気屋さんが長年身につけてきたであろう技術のほとんどが無意味になっているように見えました。私も学生時代には、ガリ版を切ったり(カット)、見出しを作ったり(ツブシ)、一枚一枚印刷したり(スット)、といった技術を習得しておりましたが、かつては誇りの源泉であったこの種の技術は、コピーの発達、普及と低廉化によってどんどん無意味になっていったことを思い出しました。

 それはともかく、スイッチを入れると、美しくリニューアルしたテレビ画面に映画の一場面が。女装した長谷川一夫を若尾文子が一生懸命口説いているではありませんか。ストーリーがわからず、しかも途中からなので、女装した長谷川一夫は映画で女役を演じているのか、ストーリーの中で女形を演じる男なのか、若尾文子は女を口説いているのか、男を口説いているのか、そういうことはどうでもいいのか、さっぱりわからないのでありました。しかももうしばらく見ていると、今度は男装の長谷川一夫が出て来て、さらによくわからなくなりましたが、俳優さんも、場面もやけに美しく、思わず最後まで見てしまいました。映画は市川崑監督の『雪之丞変化』(1963年)でした。考えてみれば長谷川一夫の女装は女形の印の紫の布をかぶっていて、設定ははっきりわかるのですが、一見女同士の恋愛に見え、そのように見えることも計算されているような演出ではありました。しかも女盗賊の山本富士子も女形の長谷川に惚れてしまい、せっせと口説くんだよ。山本は、雪之丞(女形の長谷川)が去ったあと、今度は盗賊の首領みたいな男装の長谷川を口説きにかかったりして、あれもこれも、よく考えれば異性愛なんだが、一見なんでもあり、みたいに見えるのが、とっても面白かったです。そういえばひとり二役の男装の長谷川(闇太郎)と雪之丞の関係も友情以上を感じさせます。
 雪之丞役というのは、美輪明宏や、最近のドラマでタッキーもやってるみたいね。
 秋の夜長に映画鑑賞もいいですね。DVDも出ています。WANで買ってね。

           らっこ
[PR]
by wanurakata | 2009-11-18 14:06 | 映画・テレビ


WANサイトのよみもの担当のメンバーが始めたブログです。少しずつ、書き手が増えています。それぞれが、日々の雑感を綴っていきます。


by wanurakata

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

↓ Click

カテゴリ

全体
wan
ブログ
食べる
寄り道
ペット
映画・テレビ
情報
未分類

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 12月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新の記事

夏はみんないない・・・
at 2012-09-04 11:11
業者との会議(追記)
at 2012-08-22 07:53
業者との会議がありました
at 2012-08-20 22:42
親の老い
at 2012-08-18 07:45
昨日、SD会議がありました
at 2012-08-14 23:23

最新のトラックバック

[フェミニズム][労働問..
from ふぇみにすとの論考
『女性学年報第30号』〜..
from みどりの一期一会
きのう何食べた? 3 (..
from お買得情報連絡便り

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア

画像一覧