カテゴリ:食べる( 12 )

業者との会議(追記)

次の日の朝、体重計に乗ったら、1kg増えていました。
がーん。
やはり中華はいかん!

夜になって、サイトディレクターチームの一員から連絡メール。
そのなかに「体重が増えていた!」との報告ありました。

1回の会議で1kg増えていたら、1年で12kg??
ひええ

びわ茶(ココア改め)
[PR]
by wanurakata | 2012-08-22 07:53 | 食べる

お正月には、何食べた?

すでに3日になってからご挨拶というのもかなりおまぬけですが、
あけましておめでとうございます。

なんだか年々お正月の行事というものが簡略化されていますよね。
私はもう十年以上、年賀状というものととんと縁がなくなっています。
人間関係途絶状態、というわけでもないのですが、生来の計画性のなさゆえ12月25日までに書き上げるということができた試しがなく、届いた年賀状には1月1日にお返事を書いていたのですが、最近お正月に来客が多いお正月が続き、とうとう書くことすらできなくなった、そのことを口実に完璧にやめることにしてしまったのでした。

しかし、そんな私でも、
年賀状はパスしていますが、おせち料理には結構こだわりがあります。

○○(店名)の○○(食べ物)というこだわりが、京都には多いように思いのです。
三木鶏卵のだし巻きとか、三嶋亭の牛肉とか。
京都の高島屋ではこれが一番人気のようです。
すごく長い行列ができて、10時過ぎには三木鶏卵のだし巻きは売り切れちゃうくらいなんです。
三嶋亭にも長ーい行列ができているので、並ぶ根性がない私は、この二つにはとんと御縁がありません。
しかしそれでも我々にだってそれなりにこだわりはある!
我が家のこだわりは、村上重の千枚漬と、ふたばのおもち。
ふたばは豆もち(あんこいり)が有名ですが、お正月のお餅はここと決めています。
この二つは外せないとなると、大みそかは忙しいんです。
村上重は四条河原町だし、おもちは出町柳だし。
午前10時には四条河原町について、おせち料理の材料・既製品を買い求めるべく、あっちへ行ってこっちへ行って、11時半には移動してふたばに並ぶ。
で、午後からは、お出汁をひいて、おせちにとりかかります。
と言っても、実は半分以上は買ってきたものを切るだけ・・・
実際につくるのは、数の子、煮物、栗きんとん。
あれ?三つだけ?
カウントしてみるとちょっと愕然、三つだけだったのか。
どうりで、半日でできるわけだよね…3種類しか作っていないなんて…
いやー、省エネが進んでいるなあ…

煮物も実家ではすべての野菜(レンコン、たけのこ、人参、サトイモ、こんにゃく、しいたけ、ごぼう、さやえんどう)をそれぞれに炊いていたが、そんなめんどくさいことはやめて、筑前炊にしてしまっているし。
今年は、きんとんも裏ごしするのはやめて、バーミックスが活躍。
バーミックスでやると、きんとんづくりってとっても早いのね・・・
今まで二十数年にわたるあの裏ごしの努力は何だったんだ?と言いたい。

1日には京都風の白みそのお雑煮にして、2日には実家風のすまし汁のお雑煮にして、
3日の朝、おもちと、ほとんどのおせちを完食してしまえば、
(最終的に残るのは、栗きんとんなんですよね…美味しいが、そんなに食べれるものではないので…)
今日からはすっかり平常生活に戻るわけです。
それでも3日にわたって、食べ物に関するお正月準備とお正月気分は堪能しました。

good job!
と誰も言ってくれないので、自分で言っておこう。

さて、WANでは、1月から「晩ごはん、なあに?」と題したエッセイが始まります。
毎月25日にアップされるこのエッセイ、
WANの運営にかかわる人々による連続エッセイという形になるはずです。
どうぞお楽しみください。

ホットココア
[PR]
by wanurakata | 2011-01-03 10:35 | 食べる

あんかけのおいしい季節になりました。

京都で暮らし始めてから、ン十年。
ディープ京都人というわけではありませんが、「京都観光協会」を自認してしている私。
そんな私のおすすめサイトは、「京暮らしつれづれ」
今月は、秋の京都の魅力満載です。

でもね。
実を言うと、私的には、今年の紅葉はもう一つ良くないような気がする。
もう一つ良くないか、いいか、ぜひぜひ見に来ていただきたいですけれど…

ところで、秋の京都と言えば、あんかけもおいしい季節です。
庶民的なところでは、タヌキうどんもおいしいですよね。
(きつねうどんのあんかけを、きつねが化けてタヌキになった、として、京都ではタヌキうどんというのでした。
すばらしいネーミングセンス! なんでしょうかねえ?)

もう少し本格的(?)なものもあります。
生湯葉のあんかけ。
飯蒸しのあんかけ。
鴨まんじゅうのあんかけ。
ああ、よだれが出ちゃう。
あんかけのキモは、美味しいお出汁にあります。

でも、けっこう、この、美味しいあんかけを出す和風料理店ってのは、京都にもあまりないのですよね。
いや、もちろん、とってもお高い、由緒正しい、ミシュラン三つ星みたいなお店には、あるんでしょうが…行ったことがないのでわからん。
私が自分のお給料で行ける程度のお店となると、なかなか・・・

お気に入りだったお店も、あんかけを一品料理としては出さなくなっちゃって、コース料理の中で出すだけになってしまったのです。
くすん。

寒くなってきたし、あんかけ食べたい!
ああ、どなたか、あんかけのおいしいお店教えてください!

ホットココア
[PR]
by wanurakata | 2010-11-13 11:35 | 食べる

レストラン情報

 私の住んでいる京都の町中では、この頃、ちょっとしゃれた店やおいしいお店の分布が、かつての中心だった河原町や祇園や先斗町から、だんだん西と北の方向に移動しているような気がします。つまり、御池通りと烏丸通りを両側からはさむエリアに、いいなと思う店が増えつつあるってこと。まあ、たんに自分がその近辺に住んでるから、ってこともあるかもしれませんが。

 そんな中の一軒で、家具屋の多い夷川通りにあるアルザス料理の店「シェ・ルーク」に行ってきました。文字どおりアルザス出身のかっこいいシェフと日本人のマダムとがつい先日、新しく開いたばかりのちっちゃなお店で、店内にはまだ開店祝いの花が飾ってあったぐらい、ほやほやです。

 メニューの種類はそんなに多くないけど、前菜のタマネギのタルトとか自家製パテ、メインのシュークルート(ドイツ風に言えばザウワークラウト)が、いかにもアルザスの家庭料理という感じのほっこりする味で、おいしかったです。

 クレープのフランベというのもあって、私はてっきりデザートのクレープ・シュゼットに似た料理(あの、テーブルの傍でブランデーか何かをかけて、ワーッと炎をあげてみせるやつ)だろうと想像していたら、なんと、平たいクレープの上にベーコンやタマネギやチーズ(もしかして生クリームかも)をのせて、かまどで焼いたものでした。要するにピザのクレープ版みたいなもの。でも、ピザよりも生地が薄くて軽くて、ちょっと不思議な味わい。

 私が行ったのは夜ですが、お昼のランチでも、こういう料理がお手軽価格で食べられるみたいです。もちろん、各種のアルザス・ワインも。

 小さなお店だから、もし行かれるなら、予約しておいた方がいいかもしれません。

 シェ・ルーク 京都市中京区夷川通東洞院東入山中町552   電話:075-708-2610

 www.luc-san.com

     モカ


 

 
[PR]
by wanurakata | 2009-11-30 10:17 | 食べる

生ゴミから苦節十数年・・レモンの大収穫

今年はレモンが大豊作だったんです。春に白い小さな花がふわっと咲いていたのですが、それが見えなくなってからは、さっぱり様子がわかりません。たいして期待もせずにいたのですが、秋になると、緑色の塊がごろごろぶらさがっているではありませんか!今朝やっと時間ができたので、はしごを架けて収穫しました。レモンの木は長くて鋭いトゲが生えていて、しかも高い高いところにもけっこう実がぶらさがっているので、かなり苦労しましたが、大きな実が20個ほど採れました。

c0223428_1111375.jpg










イタリアの食後酒のリモンチェッロを作ろうかと思っています。レシピはネットですぐに見つかります。便利ですねえ。無農薬は保障します。生ゴミしかやってません。

そもそもこのレモンは十数年前に庭に生ゴミを埋めたところから生えてきた正体不明の柑橘系で、当初はスダチだと信じ込んでおりました。トゲだらけの枝と葉っぱが生い茂るばかりなのですが、優美なクロアゲハが育ったりもするので、何となく放置していたところ、4年前の冬、突然たった1個大きな実をつけたのですが、それがどこから見てもレモンだったのでした。桃栗三年柿八年、柚子の大バカ十三年、と言われておりますが、本当に柑橘系は十数年かかるのね。肥料は生ゴミだけだったけど。

その後不毛の数年を経て、今年の大収穫(?)に至ったというわけです。
リモンチェッロ上手く出来たら、WAN事務所に持って行きますね。

         らっこ
[PR]
by wanurakata | 2009-11-28 11:15 | 食べる

紅葉の秋のメニュー

 今日、東山の永観堂に紅葉を見にいってきました。足が悪くてゆっくりとしか歩けない母が一緒なので、ホットココアさんの忠告に従って、人出の多い休日を避け、ウィークデイにしたのですが、それでもけっこうな人の多さでした。真っ赤になった木からまだ青々としている木まで、さまざまな色のヴァリエーションが、まるで和菓子のきんとんみたい(?)で、とってもきれいでした。
c0223428_14494683.jpg


 ところで、こんなふうに寒くなりかけると、毎年なぜだか食べたくなるのが煮込みロール・キャベツ。というわけで、きのうのうちご飯は、以下のようなメニューに。

 トロトロに煮込んだロール・キャベツ(スープの味付けは生トマトのざく切りと、隠し味にお醤油を少し)
 かぼちゃのサラダ(みじん切りのタマネギ、薄切りのりんごときゅうり入り)
 洋梨のリゾット
 
 最後の洋梨のリゾットというのは、ちょくちょく行く小さなイタリアンの店のシェフから洋梨やリンゴを入れたリゾットもおいしいよ、と聞いたので、試しに作ってみたものです。確かにほんのりと洋梨の甘さが感じられて、でも甘すぎることはなく、仕上げにふったチーズの風味ともよく溶け合った、なかなかの味でした。よく冷やした白ワインとの相性、バツグン!

 作りかたはふつうのお米のリゾットと同じで、スープを3回に分けて入れる、最後の3回目のときにざく切りにした洋梨を一緒に入れて、あと弱火で10~15分ぐらい煮れば良いだけ。どんな味?と興味を持たれた方は、どうぞお試しを!

  モカ
 
 
[PR]
by wanurakata | 2009-11-16 15:06 | 食べる

紅葉の季節になりました

 紅葉の季節になりました。
 京都では、鞍馬貴船のあたりが現在見ごろだとか。京福電鉄は紅葉をしっかり楽しめるように、窓のほうを向いた座席のある列車があるのです。なかなか楽しいでしょうね。
 でも、昨日の出町柳駅はものすごい混雑で、優雅な「紅葉狩り」といくかどうかはやや疑問でもありました。皆様、おこしになるならぜひ平日にどうぞ。
 今日はぐぐっと冷えるということなので、これからたぶんきれいに色づくでしょうね。来週の週末・連休のころは、北大路のあたりまではきれいに色づくんじゃないかな?と思っています。
 川端通りのイチョウも西側だけがすっかり色づいています。同じ道の東西に植わっているイチョウなのに、なぜか西側は真っ黄色で、東側は緑色。不思議です・・・

 さて、昨日は、久しぶりにお散歩をして、二条河原町西入ルにあるカジュアル・フレンチのお店(Bouchon)に行きました。
 とってもお手頃価格でおいしいんですよ。外国からのお客様を連れていくと、「フランスとおんなじ味ー」と感激してくれます。私のイチオシ!
 昨日は、家族3人で行って、前菜を二つ(エスカルゴ・生ハムときのこのサラダ)とメイン3つ(牛肩ロースのグリエ・リヨン風クネル・カモのオレンジソース)にしました。
 とっても庶民的(?)なお店だから、ときどきお皿の交換もしちゃったりして。
 食前酒にマルティニを飲んで、食事中にはブルゴーニュの赤を一本。
 かなり幸せなランチタイムでした。あー、しあわせ。

 秋になるとクネルが特においしいですよねえ。
 ちなみに、クネルってのは、要するにフランス風カマボコです。それを、甲殻類のソースと一緒にグラタン風にオーブンで焼いてあるのが、でてきます。
 リヨンも海から遠いしねえ、京都も海から遠いしねえ。かまぼこ文化が一緒なのでしょうか?
 つくづく、京都はパリではなくてリヨンと姉妹都市になるべきではないだろうか?と思ってしまうのでした・・・

                                                 ホットココア
[PR]
by wanurakata | 2009-11-16 09:13 | 食べる

まつたけアレルギーです。

ホットココアさん、ネコアレルギーなのね。。

うちのご近所にもネコ大好きなのにネコアレルギーの人がいて、気の毒です。

わたくしもこの10年ほど、まつたけアレルギー(!)に苦しんで(?)きました。
とはいえ、わたくしの生活レベルでは、まつたけはめったに食べる機会がないので、日常生活にはほとんど影響ありませんでした。

過去形で語っているのは、このごろ軽快してきたからで、土瓶蒸し、とかマツタケご飯、お吸い物などは大丈夫になりました。
でも今年の秋は、まだいちども食べる機会がありません。

さて、アレルギー全開の10年間に人体実験を通じて検証したのは、■■園の松茸の味お吸い物
にはマツタケはまったく入っていないということでありました。
けっこう美味しいのにね。まつたけアレルギーの方には朗報です。って、そういうアレルギーの人はあまりいないでしょうね。

つくづくアレルギーまで貧乏症なのでした。

     らっこ
[PR]
by wanurakata | 2009-11-12 12:30 | 食べる

ムクドリの季節?

 心子さんちの「妹分」、ほんとに絵に描いたようにポーズがきまってますねえ。家に帰ってきたとき、こういう子が出迎えてくれると幸せだろうなあ。

 さて、このところ、夕暮れどきに京都の御池通りのあたりを歩いていると、ケヤキ並木の上(というか、中)からギャーギャー、ガチャガチャと賑やかな声がふってきます。それがムクドリの群れだということは知ってたんですが、「む? このやかましい声を聞くのは、いつもはもうちょっと早い時期(夏の終わりごろ)ではなかったか? 今年は渡りそこねたのか?」と、ふつふつと疑問がわいてきました。

 そこでちょっとだけ調べてみたら、ムクドリって渡り鳥ではなかったんですね、これが。繁殖期以外は、寝るときに木の上などに集まって群れを作る習性があり、たんに、その「集団ねぐら」のお好みの場所があちこちに移動するということらしいのです。

 それがわかったからどうだってことはないんですが、私のなかではムクドリの騒音がいつのまにか「季節の風物詩」の1つに分類されてたので、「え~、そうなのォ」と、ちょっと肩すかしにあった気分。

 ところで、タイ風しゃぶしゃぶもゆりねうどんも、温かくっておいしそうでしたねえ。ちょうどお土産にもらった博多地鶏の濃縮スープが冷蔵庫で眠ってたので、うちでもまねして、きのうの晩ご飯は鶏の水炊きにしました。

 入れたのは骨付き鶏のぶつ切り(あらかじめ茹でておいて、そのゆで汁もスープに加えます)以外は、白菜や菊菜にきのこ、白ネギ、豆腐と、ごく月並みですが、大根の薄切りを入れたのが当たり!のおいしさでした。
相方は、もずくの酢の物と板ワサ。おかげで、ついつい焼酎のロックがすすむこと、すすむこと・・・。仕上げはもちろん、卵と三つ葉を散らして雑炊に。

 これも月並みだけど、鍋って、食べてると身も心も温まるし、準備も後かたづけも簡単だし、ほんとにいい料理ですねえ。

  モカ 
[PR]
by wanurakata | 2009-11-10 09:50 | 食べる

ゆりねうどん

東京からの帰りに、京都駅新幹線構内の松葉で、ゆりねうどん、というものを、京都旅行に来た者のように食しました。いやー初めてだったんですが、なかなか風情のある、ていうか、風変わりなおもろい食べ物でしたよ。あんかけうどんの上に巨大なたこ焼き状のお団子がどかっと座っておりまして、それが百合根のお団子なのです。百合根のすり身にエビとかしいたけなんかが入ったものを揚げた、手間のかかった優雅なお料理なんだけど、なんちゅうかダイナミックな外見とのミスマッチが印象的な一品です。

ちなみにお値段も強気の1200円。ちょっと躊躇しましたが、好奇心に負けました。

写真撮ればよかったなあ。。いつものことなんだけど、夢中で食べちゃって、あとのまつりでした。
私が知らなかっただけで、けっこう有名な京都の名物なんでしょうか?

京都の生活が人生の3分の2を占めつつある「よそさん」の京都再発見でした。

           らっこ
[PR]
by wanurakata | 2009-11-09 15:07 | 食べる


WANサイトのよみもの担当のメンバーが始めたブログです。少しずつ、書き手が増えています。それぞれが、日々の雑感を綴っていきます。


by wanurakata

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

↓ Click

カテゴリ

全体
wan
ブログ
食べる
寄り道
ペット
映画・テレビ
情報
未分類

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 12月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新の記事

夏はみんないない・・・
at 2012-09-04 11:11
業者との会議(追記)
at 2012-08-22 07:53
業者との会議がありました
at 2012-08-20 22:42
親の老い
at 2012-08-18 07:45
昨日、SD会議がありました
at 2012-08-14 23:23

最新のトラックバック

[フェミニズム][労働問..
from ふぇみにすとの論考
『女性学年報第30号』〜..
from みどりの一期一会
きのう何食べた? 3 (..
from お買得情報連絡便り

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア

画像一覧