カテゴリ:wan( 35 )

夏はみんないない・・・

SD会議の面々は、9月は世界中に散らばっているのであった。

Aさんは、中国に出張されていました。
Kさんは、現在ボストンにいるはず。
仕事での出張だけど、息子さんの留学先も訪ねているんじゃないかな・・・?
Mさんも、東海岸の田舎町に、アメリカ人研究者を訪問中。
Yさんは、アメリカの大学でのレクチャー(をする方なのよ)にお出かけ中。
毎日ジョギングに励んでいると、FACEBOOKには書いてあった。
Iさんは、韓国での国際交流を終えて、もうすぐイタリアに調査研究兼国際交流におでかけ。

私と言えば、韓国での国際交流に行きそびれて、悲しい気分。
でもいいんだ。
私だって明日からお楽しみツアーに行ってきまーす。
ワインを楽しむウィーン、ブダペストの旅。
太らず帰ってこれる自信がないが、久々の海外旅行!なので、とってもたのしみ。
研究者の中には、仕事で行った旅行で十分楽しめる人も多いのだが、私はダメ。
出張で行くと、ただ疲れる・・・これは多分語学力の問題だと思うけど・・・
どうも楽しみきれないのよね。
だから、たまには、完全な娯楽としての海外旅行もしたいのです。

原稿については、帰国後ということで、S先生、N先生、ごめんなさい。
(彼らはこのブログの存在すら知らないと思うが、とりあえず謝っておこう・・・)

というわけで、今月のSD会議は一体いつ開くことができるんでしょうか??
と不安も少々ある今日この頃です。

びわ茶(ココア改め)
[PR]
by wanurakata | 2012-09-04 11:11 | wan

業者との会議がありました

WANでは、毎月サイトを製作してくれている業者(XP)とサイトディレクターチームとの打ち合わせ会議があります。

今後の改修の方向性とか、それぞれのサブWANサイトの問題点の改善とか、アクセス数増加のための戦略とか、そういうことを話し合っています。
最近では東京のSDチームメンバーもスカイプで参加してくれています。

スカイプっておもしろいですよねー。
私は個人的には使えないのですが、つい、コンピューターの画面に見入ってしまいます。
ほとんど気分はプロモーションビデオです・・・

毎月毎月、こういう会議ができるのも、京都という小さな町にサイトディテクターチームのメンバーの多くが住んでいるから。という面は確かにあると思います。
ローカルバスやローカル電車一本で集まれますしね。
私は今日は自転車で会議に行きました。

でもって、会議の後に、楽しい会食が待っているので、夕方からの会議が苦にならない、というのも絶対に真実だと思うわけです。

本日は、華祥という中華でした。
ここは近所でも人気店でいつも並んでいるのですが、偶然入れたのです!
本日のメニューは、
 牛肉と春雨の炒め物、
 エビのチリソース、
 牛肉の豆致炒め、
 蟹の胡椒炒め、
 水餃子(ごまだれ味としょうゆだれ味)
 あんかけ焼きそば
 卵白かけチャーハン
 ちんげんさいと貝柱の炒め煮。
これに、ビールと赤ワイン、という豪華なお食事でした。

「おいしいねー」と快く楽しんでいるのに、我らが副理事長は、「これはものすごい油なんだよ」と科学的真実を教えてくださる・・・
ダイエット中の私には厳しいお言葉。
でも、SDチームメンバーは、「明日少し食べるのを減らせば大丈夫」とか、励まし(?)てくれるのです。

こうやって、私のダイエットの日々は、過ぎていくのでした。
明日、体重計に乗るのが怖いです・・・

びわ茶(ココア改め)
[PR]
by wanurakata | 2012-08-20 22:42 | wan

昨日、SD会議がありました

WANではいろいろなチームに分かれて仕事を分担してサイトの維持を行っていますが、
その一つのチーム、SDチームの会議が昨日ありました。

昨日は、少々参加者が少なかったのですが、
欠席者の欠席理由が、それぞれ介護問題だったりします・・・
出席者も介護問題を抱えている人複数。
親の年代がおんなじって人が集まっていると、介護問題もおんなじくらいの時に生じちゃうものなんですよね・・・
ふう。

そのうち、WANサイトにも「遠距離介護の奥義」とかのコーナーができたりして・・・
とも思ったりします。

それにしても、ボランティアでまわしている組織としては、ボランティアがおんなじ年代に集中しているのは、
運営上リスクになるよねえ・・・と思う今日この頃です。
幸いSD会議には60代、50代、40代、30代、20代とそろっているのですが・・・

・・・ん?20代っているかなあ?
20代に見えるんだけどなあ・・・

びわ茶(ダイエットのため、ココア改め中)
[PR]
by wanurakata | 2012-08-14 23:23 | wan

合宿がありました

8月4日5日と、くそ暑い京都で、WANの合宿がありました。
WANにはいろいろなコーナーがありますが、夫々のコーナーを担当しているボランティア同士は、顔見知りではなかったりもしています。
お互いコーナーの連携をよくし、夫々の抱えている問題などを共有化し、将来展望を語り合い、よりよいサイトをつくるために、
毎年1回、各コーナーのボランティア代表が結集(!)しての合宿が行われているのです。

今回の開催場所は銀閣寺近くの隠れ家的スペース。
このお店(?)については、M-WAN(マーケットWAN)で今後ご紹介していく予定です。

合宿ではiphoneを使った動画作成講座も行われました。
我らが理事長、ステキな短編動画を作成できてご満悦。
「ブログにアップしようっと」とほくほくしながらお帰りでしたから、近々アップされるはずです。
またもよ「処女作」という発言をして、物議を醸すのではないかと、私はひそかに不安です。

今回は、ボランティアスタッフの娘さんも参加してくれて、かわいかったー!
幼児のためのドリルをやっていたのですが、
女性の一生の絵の順番を決めるというドリルの課題に対して、
合宿参加者は横からワイワイ。
「花嫁さんの絵」を、女の人生の早い時期に入れる必要はないんじゃないか、とか、
「なんで、中年風の女性の絵が、おつかい姿なのよ?」とか。
こういうドリルがあるってことは、やっぱり、小さいときからジェンダーのすりこみがあるってことよねー、とか。

我が家では「え?ママの年で合宿??」と娘に暴言を吐かれたけれど、
懇親会のお料理もすごくおいしくて、実りの多い合宿でした。

ちなみに、あまりの暑さに私は0.5kgやせました。
ふふふ。それもちょっとうれしい。

びわ茶(ココア改め)
[PR]
by wanurakata | 2012-08-06 07:54 | wan

裏方日記、活性化なるか?

お久しぶりです。
ココアです。

この裏方日記、WANのボランティアが書くことになっています。
ボランティアはかなりの人数いるのですが、それぞれがあれこれに忙しくて全然更新できていませんでした。

ところが、つい最近、「担当したい!」という声があがってきまして・・・
うれしい!!

というわけで、現在その方に裏方日記の投稿の仕方をメールで説明しているわけですが、
私の説明で分かっていただけるでしょうか・・・?

次々更新されたら、分かってもらえたってことなんですよね。
お楽しみに。

ココア
[PR]
by wanurakata | 2011-12-15 09:34 | wan

ツイッター初心者

ツイッターとか、facebookとか、世の中にはいろいろあるのね―。
ということで、ツイッター始めてみました。

私のアカウントはhoticecocoaココアです。
でも、私は、WANの一裏方で、「代表」ではないですし、あくまでも個人アカウント。
WANについてのつぶやきは多いんですが、WAN総体を代表してのつぶやきではないのです。
(って、普通はそんなことは分かるか・・・)

で、初心者として、あれこれ眺めていると、ツイッターもミソジニーに満ち溢れているんですねえ。
ああ、びっくり。
やっぱり「女子」が安心して意見表明できる場所が必要だよー。
と思ってしまった。
そんな場所にWANがなれたらいいなーと思うのでした。

ここ2・3日のツイッターを眺めていて、一番おもしろかったのは、
セクハラカルタのとりくみでした。

「「あまりに頭にくるから友人とセクハラの加害者の発言をあつめて『セクハラかるた決定版』をつくる事にした!セカンドレイプも含むよ!内容絶賛募集中!@yunegoro」というつぶやきから始まったセクハラかるた。」
ということで、一日で50音すべてが網羅されたのでした。

これは、よくあるセクハラ加害者のセリフをカルタ形式でまとめたものですから、
それゆえ、「すごーく差別的な発言」の集合体なんですが、
読みながら、「そうそうそう。こういうこと言う奴いるのよ―!」と、共感できてしまうのです。
悔しかった思い出とともに、しかし元気づけられる、そんな可能性を秘めた取り組み。
ただ、差別的な発言なので、それをみること自身で傷ついちゃう人もいるかも、というのも確か。
どっちかっつうと、この一つ一つの発言にツッコミを入れあえるお友達と一緒に楽しんだ方がいいと思います。

このかるたをつくっていく過程でも、「ツイッターで不用意にこの「差別的発言」が流されてくると、しんどい人がいるんじゃないか」、という提起があって、関心のある人だけで閲覧できる方法が考えられたり、「この取り組みが、シスジェンダーヘテロ女性を前提にしていて、それ以外の人たちの存在を無視しているものでは?」という意見が表明されたりして、それも興味深かったです。

でも、皆さん、とってもリアクションが早いのね―。
私など、「おもしろい!でも、おもしろがっていいのか・・・ちと考えてしまうけど」とつぶやいて以降、参戦(??)できませんでした。
アクションの速さでは、とてもWANみたいなサイトは太刀打ちできませんね―。

ちなみに、私としては、シスジェンダーヘテロ女性中心のこの取り組みが、差別的かどうか、という議論については、狗ドッグさんの意見に一番近いかな・・・

多分、このスピードとは違うものを、WANはもとめていく必要があるんだろうな、と改めて思いました。
なかなか難しそうだけれど。

それは、やっぱり、運動をつなぐ、ってとこになるのかな・・・
性暴力被害者の心情・行動に理解を」を、どんどん自前で出していければいいのかな、とも思ったり。
でも、書き手のキャパが圧倒的に不足しているしねえ。
うーん、難しい・・・

ツイッター初心者は、考え込んでしまったのでした。

ホットココア
[PR]
by wanurakata | 2011-03-06 11:37 | wan

物欲の権化?

おそろしいことに(?)、運営委員会のみなさんは、けっこうなお買い物好きが集まっているようです…

しかも、誰かが買ったという話をすると、そのものの効用について延々と議論(?)が始まって、次から次へと、お買いもの連鎖がおこっていくということになりがち。

最近の例でいえば、野菜の水切り器
ショコラさんが買っているのを発見した、サブ・ディレクター。
「いいの?」と確認してから自分も買ってみて、「いや、確かに水切りをするとサラダはおいしく作れる!」と盛り上がること。
それを聞いた私ホットココアも「じゃ、買う!!!」と手を挙げたところ、
それを聞いていたディレクターが、「あ、私んち二つあるから一つ上げる!」。
というわけで、私はタダで野菜の水切り器を手に入れたのでした。

ふふふ。
私がもらったのは、ボールカバーのボタンをおして、回転させて水を切るというもの。
かさばるという難はあるものの、確かに水切りはバッチリ。

このような、私たちの特性を生かしたコーナーをWANにもつくってはどうか、という話も出ています。
「私のお気に入り」コーナー。ですね。

お互いの物欲が刺激されて、アフィリエートを得ようという経営的野心がないとは言えないが、
各地の女性たちがつくったものやミニコミなどの紹介もできればいいなあ、とも思うわけです。
すぐに開設とはいかないでしょうが、そのうち多分・・・

ご期待ください。
[PR]
by wanurakata | 2011-02-09 09:53 | wan

WANのボランティアをやって楽しいこと

私がやっているのは、
よみもの編集局ですので、原稿をお願いしたり、アップ作業をしたりということになります。
よみもの編集局は、何といっても一番に原稿を読めるので、それが楽しいです。
今度はあのエッセイはどんな話が来るのかな―、と心待ちにしていて、原稿が届くと、
なるほど―。とか、
そうかなあ?とか、思いながら作業をすることそのものも楽しいんですよね。
でもって、書き手の方に最初に感想を送ったりして、ちょっとしたやり取りがあるのも楽しいです。

日頃原稿を期日中に仕上げたためしがないダメダメな私が、オニ編集者のように督促をするので、少々申し訳ない気もするのですが、人間て立場が変わると人間性も変わるものなのねー、と自分を納得させている(?)日々です。
書き手のみなさん、すみません。
でも、今後もよろしくお願いします。

しかし。
作業の楽しさがゆえにボランティアをやっているわけではない気もします。
そもそもWANをやりたいな、と思ったのは、私の場合はドーンセンターの危機がきっかけなんですよね。
ドーンセンターを売却するなんて話が2008年にありましたが、これに対抗すべく、大阪府議会の議員さんのもとをロビーイングしたりして、反対運動をしたときに、つくづく女性たちの活動やフェミニズムの主張って全く理解されてこなかったんだな―と思ったのでした。
WEB上ではバックラッシュ派のほうが圧倒的に力を持っていたしね…

女性たちがすごくいいことやっていて、すごく力を持った活動団体がたくさんあるのに、それが正当に評価されていないって何なのよ??
ってのが、私の強烈な思いだったのです。
もっと多くの人に、女性たちのさまざまな思いを伝えたいよね、と思ったのです。

もうひとつ言えば。
多くの女の人たちってフェミニズムの恩恵を受けていて、しかもぶっちゃけ言えば「あんたはフェミやろう!」って女性たちが多いのに、そういう人から「私はフェミじゃない」ってことばがよく発せられて、びっくりすることもあったりして。
ああ、多様なフェミってのは全然伝わっていないんだな―、と思ったりもしました。

だから。
何か特定の運動だけを紹介するのではなくて、
フェミの多様性や多義性や、ときにはしっちゃかめっちゃかさも含めて、「あ、フェミって一言では語れないものだね」っていうのが伝わるような、
多様な運動や主張の中で、「自分はどう思うか」「どう行動するか」をあらためて考えるきっかけになりうるような、
そんな場(サイト)が必要なんじゃないのかな、と思うようになっていったのでした。

だから、私としては、もっともっといろんな団体や運動の紹介をしていきたいな―、と思うのですが、手が回っていない状況なんですよね…
それで、お手伝いしてくれるボランティアがいてくれたらな―。
と思ってるわけなんです。
たぶん、WANの意義を認めてくれる人でないとボランティアにはなってくれないんだろうなー。

来年は、より多くの活動団体と、一つづつ信頼関係をつくって、活動紹介ができていけたらいいな、と思っています。

あれ?
「ボランティアをやって楽しいこと」のはずが、「来年への抱負」になっちゃった。
ま、いいか。

ホットココア
[PR]
by wanurakata | 2010-12-29 12:42 | wan

きのうは運営委員会withおいしいもの でした。

きのうはWAN運営委員会でした。
いろいろ課題もあり、仕事量が多く、タイヘンです。

つくづくつくづく
ボランティアスタッフがもっと欲しいなああああ!
現在、WANは完全ボランティア体制で運営をしています。
フルタイムで仕事を持つ人がほとんどの運営委員会のメンバーが、すべての記事の編集・アップしているわけです。
特集企画も、インタビューもボランティア。
素敵な画像を選ぶのも、タワーの写真を撮るのもボランティア。
ふうう。なかなかタイヘンです。

一緒に苦労を共にしてくれる人、募集中でーす。

しかし、運営委員会というもの、苦労ばかりを共にしているわけではありません。
運営委員会には、美味しいごはん、が出てくることも時にはあるのです。
きのうは、理事長自らの手料理でした。
メニューは、五目ずしと、高野豆腐のたいたん、出汁巻きに小松菜の胡麻和え。
まあ、どれもどれもおいしくって・・・!
高野豆腐には柚子が散らしてあって、ああ、幸せ。
おまけにデザートに甘いねじりパイ(?なんかイタリア語で正式名称があったのですが、私には覚えきれなかったです)も出てきて、ああ、満足。

ちなみに、理事長のお得意料理はいろいろありますが、私が一番好きなもの。
それは、ン十年の歴史を持つ糠床でつけた、ぬか漬けです。
白菜も、キュウリも、おナスもすっごくおいしいのよ――――!
そんじょそこらのお漬物屋さんでは勝てない、おいしさ。
ていうか、京都の名店のお漬物屋さんのぬか漬けと比較しても、むしろ勝っているし。
(ん?勝負する必要はないか…?)

運営委員会で仕事がどっさり回ってきても、
その後、みんなで一緒においしく共食(きょうしょくですよ。トモグイではない)すれば、心も晴れやか。
また頑張ろうって気になります。

22日には京都某所にてボランティアスタッフのパーティもあるそうです。
WANの誇る名シェフが、そこでは腕をふるうでしょう。
何のパスタかなあ??
今のシーズンだとカキもいいよねえ。
ブロッコリーもおいしくなってきたしねえ。ふふふ。
私は、いっつもカルボナーラをお願いしています。
ホントは私はあんまりカルボナーラが好きじゃないのですが、WAN-シェフの作るカルボナーラは別格です。
最近は「ココアちゃんがいるなら、今日はカルボナーラもつくろうね」って優しく言ってくれるのです。
だけど、22日は仕事があるんです―。残念・・・!


ホットココア
[PR]
by wanurakata | 2010-12-14 10:26 | wan

京都タワーを見直した日

現在、WANトップページでは、パープルリボン・タワーライトアップの写真が掲載されています。

パープル・リボンの運動とは、
○ 世界を子どもや暴力の被害者にとってより安全なものとすることを目的として、1994年、アメリカ・ニューハンプシャー州のベルリンという小さな町で、近親姦やレイプのサバイバーによって生まれたもの。
 
○ 紫色のリボンであれば具体的にどのようなものであってもよく、それを身につけることでパープルリボン運動の趣旨への賛同を表明することができ、個人間の暴力や虐待に関心を呼び起こすとともに、暴力の下に身を置いている人々に勇気を与えようとの願いから、40か国以上に広がっている、国際的なネットワークに発展した草の根運動。
 
○ 世界各地の女性への暴力根絶に向けた活動団体が、布リボンやバッチなどにより「パープルリボン」を広めることで、女性に対する暴力を許さない社会を目指す活動をさらに拡げているところ。

ってものなんです。

あらためて、この写真sを見ていると、

ライトアップで紫を作るってけっこう難しいのね。とか、
いや、京都タワーって、思いのほか、きれいだわ。とか、
(京都三大醜悪物って言われていた時代もあったよねえ…)
通天閣って、やっぱりいかにも大阪―。とか、
国営木曽三川公園の138タワーって、なかなかオシャレねえ。とか、

いろいろな感慨が湧いてきますよね。
みなさまはどの写真が一番お好きでしょうか?

私はねえ、9番の京都タワーが一番パープルリボン的には成功していると思うけれど、
7番のいかにも大阪的なやつとか、もいいんじゃないかと。
タワーの写真としては、10番の下からアングルとか、ベストかも。

こうやってみると、タワー写真のコツは、
下からアングルと、いかにもなものと一緒に映すことかも。

こちらから、みなさまも確かめてくださいね。

来年はより多くのタワーが紫色になること、
そのことによって、女性への暴力への理解がより一層進むこと、
紫のリボンや明かりを見ることによって、暴力に傷つく女性たちが少しでもエンパワーされること、
そして、WANの写真集がもっといろいろなタワーのいろいろなアングルの写真が増えること、
を希望していまーす。

ホットココア
[PR]
by wanurakata | 2010-11-26 16:37 | wan


WANサイトのよみもの担当のメンバーが始めたブログです。少しずつ、書き手が増えています。それぞれが、日々の雑感を綴っていきます。


by wanurakata

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

↓ Click

カテゴリ

全体
wan
ブログ
食べる
寄り道
ペット
映画・テレビ
情報
未分類

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 12月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新の記事

夏はみんないない・・・
at 2012-09-04 11:11
業者との会議(追記)
at 2012-08-22 07:53
業者との会議がありました
at 2012-08-20 22:42
親の老い
at 2012-08-18 07:45
昨日、SD会議がありました
at 2012-08-14 23:23

最新のトラックバック

[フェミニズム][労働問..
from ふぇみにすとの論考
『女性学年報第30号』〜..
from みどりの一期一会
きのう何食べた? 3 (..
from お買得情報連絡便り

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア

画像一覧